外堀のブログ

虎ガーだったり、アスタライトだったり、ペシストだったり、ベイベーだったりする人の雑記。

〔ライブレポ〕ベイビーレイズJAPAN EMOTIONAL IDROCK FES.2017 ~僕らはここにいる!~<THE BRJ SUPER LIVE>@新木場STUDIO COAST

2017/12/28 ベイビーレイズJAPAN EMOTIONAL IDROCK FES.2017 ~僕らはここにいる!~<THE BRJ SUPER LIVE>@新木場STUDIO COAST

 

http://news.nicovideo.jp/watch/nw3193247

https://natalie.mu/music/news/263342

 

f:id:sotoboriumetarou:20180105151340j:plain

 

 演者&観客を体力の限界まで追い込んだ、、、今思えば狂気な去年の69時間のエモフェス2016から1年経ってのエモフェス2017は3本のライブと常設の写真展/ネット配信を軸にした2週間の長期に渡るもので密度は薄まった分すごく気軽に楽しめた印象。最終日、万全な体調で会場へ。

 

 会場BGMは入った瞬間にくるりワンダーフォーゲル」が流れてきてびっくりした。他にもスピッツが選曲されていてどうやら邦ロックを遡ってるメンバーがいるらしい。

 

www.youtube.com

 

PENGUIN RESEARCH

  ベビレ武道館からのバックバンドメンバー3人を擁するロックバンド。バンド名からポップなイメージを想像していたけど実際の音像は結構メタルが入っていて、さすが「シンデレラ~」のライターがいるグループだなと。

  MCではメンバーからの挨拶。ドラムの神保さん「ドラムを選んだことを今日すごく後悔してる。ステージでベビレメンバーとわちゃわちゃしたかった!」と武道館の時のマフラータオルで古参アピールしながら悔しがっててすごくフロアが和んだ。

 

www.youtube.com

 

  セトリ 

1.ベイビーレイズ(withベイビーレイズJAPAN(THE BRJジャケ衣装))

2.敗者復活戦自由形

3.嘘まみれの街で

4.ひとこと

5.千載一遇きたりて好機

6.Boyhood

 

 

ベイビーレイズJAPAN

   5周年とエモフェスへの意気込みを語るVTRが流れた後に生バンドSEの中メンバーが登場。1曲目は「夜明けBrand New Days」。2017年のトピックといえば2016年サイリウム投げの憂き目にあったTIFとアットジャムでこの曲を再び披露したことだから、この曲が1曲目なのは必然なのかもしれない。ベビレはグループの「物語」を積極的に押し出してるグループとは思わないけど、この曲がつなぐ物語ってすごくドラマチックだと思う。

 

 衣装はTHEBRJ衣装から新衣装へ。今年リリースされた「バキバキ」「○○○○○」「THE BRJ」のモチーフが散りばめられたもので高見さんチャイナ服感があって素敵。

 

 この日はバックに堀江さんがいるのもあってかほとんどアッパーな曲。その中で披露された「デイズ」はアコースティックバージョン。この曲は照明の演出が良く、特にリコピンの横顔に照明が当たってストーンズの「Hot Rocks」みたいになってて、とてもロックだった。続いての曲はメンバーが作詞した「ラブレター」。(バックトラックはオリジナル「2years」) リコピン曰くメンバーへの、虎ガーへのラブレターという意味で「君となら」とういうフレーズが印象に残った。彼女たちらしい感じがして。詳細な歌詞は1月リリースのBOXで確認したい。

 

 今回のフェスのテーマ「有限実行」の結果報告のMCでリコピンの「エモフェスを熱く盛り上げる目標だけ達成されていない!」との熱い煽りからの最終ブロック。「アンチヒーロー」の最後の歌詞を歌い上げて凛としたりおとんがとてもクールだった。本編最後はライブタイトルにもなっている「僕らはここにいいる」で熱く終了。

 

*****

 

 「みんな嫌な事やつらいこといろいろあると思う。嫌なことみんな忘れて盛り上がる忘年会みたいなライブになればいいなって」とでんちゃんのWアンコール挨拶。愛夏ちゃんの「2017年最後のイエッタイガーしませんか?」からのバンドメンバー入り乱れての「夜明けBrand New Days」はリラックスした雰囲気もあってシンプルに楽しかった、まさに忘年会。

 

www.youtube.com

   

セトリ

意気込みを語るVTR~SE

1.夜明けBrand New Days

2.ニッポンChu!Chu!Chu!

3.栄光サンライズ

4.FOREVER MY FRIEND

5.何度でも

MC

6.ぶっちゃけRock'n はっちゃけRoll

7.暦の上ではディッセンバー

8.Baby Kiss

9.ボクラノリアル

10.涙のち晴れ

11.デイズ(バラードアレンジver.)

12.ラブレター(初披露)

MC

13.Pondering

14.ミチシルベ

15.アンチヒーロー

16.○○○○○

17.シンデレラじゃいられない

18.ベイビーレボリューション

19.僕らはここにいる

en)

1.走れ、走れ

2.SMILE

 w en)

1.夜明けBrand New Days(with PENGUIN RESEARCH)

 

 

DJダイノジ/アフターパーティー

  ベビレライブ本編が終わるとVIPエリア民は2ndフロアのISLANDへ移動。すでにDJダイノジのプレイが始まっていて流れてきたT.M.RevolutionHIGH PRESSURE」は世代を見透かされた気がする。とはいえ世代なので当時流行っていたTMRの振りコピをしつつドリンクカウンターへ並ぶ

 

 何曲かプレイのあとにボディコンを着た大矢さん高見さんコンビが登場。今流行りのバブリーダンス荻野目ちゃん「ダンシング・ヒーロー」でダイノジと共演。特に高見さんのボディコンがすごく似合っていてダイノジに「当時こういう人いた!」と言わせるほど。女子流のカバーで知ったこの曲をまさかベビレ現場で聞くようになるとは。

 

 後半は残りのメンバーもステージに登場し、大矢さんとダイノジ大谷さんとのB2B(DJ二人が交互に曲をかけるやつ)。銀杏BOYZの曲がかかると大矢さん自前のギターを弾き始めるとても自由な空間。愛夏ちゃんはこういうクラブ的なモノに慣れていないらしく少しぎこちなくノってたのが印象的だった。(またそれが可愛い)ラストはSMAP「ありがとう」のコール&レスポンスで大団円。

 

 終演後、通路の虎ガーとハイタッチし2階の控え室への階段を登るメンバーの後ろ姿は今までになくスター感があり頼もしく思ったけど、何となくちょっと淋しい気分になってしまった。

 

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

 

翌日/僕らはここにいる写真展 最終日

 帰郷前に原宿の写真展へ。メンバーからの感謝のメッセージ、昨日のライブ写真が掲示されていて仕事が早い。写真展会場オシャレなカフェ感があってコーヒーが頼めればいいなと思った。(多分、原宿一回転率が悪いカフェになるはず)

 

f:id:sotoboriumetarou:20180105201938j:plain

f:id:sotoboriumetarou:20180105201957j:plain

 

 

〔ライブレポ〕ベイビーレイズJAPAN 野外ワンマン3連戦 “晴れも!雨も!大好き!” 第3戦目 みんなでエモーショナルアドベンチャー!@東武動物公園 新ステージ

2017/9/24 ベイビーレイズJAPAN 野外ワンマン3連戦 “晴れも!雨も!大好き!” 第3戦目 みんなでエモーショナルアドベンチャー!@東武動物公園 新ステージ

 

http://natalie.mu/music/news/249995

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170924-00000043-natalien-musi.view-000

http://ototoy.jp/news/86845

 

f:id:sotoboriumetarou:20170930134035j:plain

 

 ベイビーレイズJAPANの2017年の大きな挑戦である野外ワンマン3連戦のファイナルは東武動物公園の新ステージ。テレ東地上波番組「浅草ベビ9」のおかげもあってかチケットはソールドアウトという盛況ぶり。

   10年ぶりに乗った東武本線、当時は日光に行くためだったけど当時のことはあんまり覚えてない。下車した東武動物公園前駅は前日に新ステージのこけらおとし公演をおこなったももクロ仕様に。

 

 f:id:sotoboriumetarou:20170930210419j:plain

 

  チケット代に動物園入場料も含まれていて、せっかくなので早めに会場入り。入場口付近の時点でリハの音漏れが聞こえてくる。ステージ近くでセトリ知ってしまうのもアレなので動物園内を歩き回ることに。天気はくもが少し多めの晴れで、夏と秋が混じりあったような過ごしやすい気候。

f:id:sotoboriumetarou:20171002224507j:plain

 

とりあえず行こうと思ったのはホワイトタイガー。恋パニの特典DVDで飼育員体験&「虎虎タイガー!!」のMVロケ地ともあって、同じ考えの虎ガーがちらほら。動物園エリア隅々までまわったけど、どこにいっても愛夏ちゃんの歌声が聞こえてきてちょっと困った。

 

f:id:sotoboriumetarou:20170930205814j:plain

 

 物販で時間を使ってしまったので、開演少し前に会場入り。開場BGMはスピッツ星野源でとても平和な日曜の午後を演出する選曲。前を向くと日比谷、稲毛であったような飾り付けは一切なく、バンドセットだけのシンプルなステージが。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

1曲目は「ゲート・オブ・ザ・タイガー」と思いきや、愛夏ちゃんのイントロソロおわり「シビレたー!」コールから「虎虎タイガー!!」イントロに接続する意表をつくオープニングで、観客のテンションも一気にあがる。

 

  最初のMC。東武動物公園でも思い出話から「ヒーローショーでものっとりライブをしたことがありますが、そんな私たちにも“ヒーロー”がつく曲ができました!」とリコピンの巧みなMCからりおとん作詞曲「アンチヒーロー」の曲紹介へ。会場の虎ガーに向かって「つよくも、美しくも、格好良くもない人たちのために書きました」というりおとん先生の言葉とてもトゲがあってパンク。曲自体も中盤がスカ・レゲエアレンジが面白い。

 

 続いて「チャリンコアイドル」は“チャリンコ”を“トロッコ”に置き換えた特別バージョン。メンバーが乗ったトロッコが会場内を回る。席が割と後方だったので、うれしい演出。メンバーのトロッコに慣れていない感じがかわいかった。愛夏ちゃんは通路沿いの人たちとハイタッチしてて、さすがセンターの貫禄。 ホール・アリーナ等おおきな会場の遠くの観客をどれだけ楽しませることが出来るかがベビレのこれからの課題のひとつだと思うけど、これはひとつの最適解だと思った。おそらく高見さんのツイートからSMAPのステージを参照したと思われる、他にも参照したネタあるみたいだからその辺すこし掘ってみたい。

 

 「バキバキ」に収録予定で延期され「THE BRJ」に収録された「くびったけエンジョイサマー」も(たしか)この日初披露。元気いっぱいのサマーソングだけど、今までとは違ってキーボードとピアノがオシャレ。キーボードを弾きまくる菊池さんを近くで見れなかったのが残念。ギリギリ今年の夏に間に合った感じだけど、本当にこの曲を楽しめるのは「真夏のフィーバー!」みたく来年の夏のどこかの空の下になりそう。

 

「ビッグ☆スター!」は個人的にこの日のハイライト。5周年が近いこの日にかわらない5人が五つのピースを繋げるシーンはとても素敵だった。

 

 続いては5周年絆クイズというお題に対し、5人が同じ回答をするかで結束力?を確かめるコーナー。お題は熱波で共演しているハライチの岩井さんから。(いるのに何故かステージに姿を現さない)5人で同時に答えを言う形式、もちろん何言ってるのかわからなかったのでひとりづつ回答することに。

 

1問目は「5年間で一番怒られたこと」

リコピン「岩手」

でんちゃん「岩手のマイナス五度事件」

愛夏ちゃん「胃腸炎!」

高見さん「『冬の魔法』の振り入れのとき、可愛くないとマネージャーにダメ出しされた」

りおとん「いつぞやの全国ツアーのどこかでめっちゃ怒られた」

 

2問目は「武道館公演の前日の思い出」

リコピン「武道館の下見」

でんちゃん「武道館の下見」

愛夏ちゃん「わたしも、武道館の下見!」(メンバーor岩井さんからウソつけ!とツッコミ)

高見さん「(ベイビーレイズJAPANへの)改名を知らされた」

りおとん「みんなでご飯たべに行った」

 

 回答だけ見ると下手組結束力あるのと、りおとんは多分真実を語っている、、、。

 

 最後のブロックはでんちゃんの歌詞を引用した前フリからの「2years」でラストスパートへ。本編ラストは鉄板曲「夜明けBrand New Days」ではなく「THE BRJ」から「僕らはここにいる」。曲が始まる前の愛夏ちゃんMC「5年かけてできた曲です。」がすごくエモーショナル。

 

 野外公演のファイナルということだったけど、日比谷や稲毛に比べて飾りや舞台装置がまったくないシンプルなステージに5年目の自信を感じた。あとファイナル公演のわりに3公演をやりきったカタルシスをあんまり感じなかった。メンバーにとっては今日のファイナルもあくまで通過点という認識なんだろう。りおとんのアンコールでの挨拶「高見を目指す」がそれを表していると思う。

 

 5周年ミニアルバムの「THE BRJ」はちょっとオシャレな「くびったけ~」、aikoっぽいガーリー感ある「スパイラル」、洗練された「僕らは~」と2ndからの変化が感じられた。この日のセトリもここ最近の定番を崩す変化があったし「変化していくことが生き残る」ということを改めて感じた、動物園で。

 

 アンコールでの告知はエモフェス2017開催のお知らせ。女子限定、ファンクラブ限定、スタジオコーストのワンマン3公演がメインで、でんちゃん曰く「最初の公演から最後の公演までの3週間がずっとフェスでいろいろな催しがあるよ」とのこと。「フェスなの?」という素朴なギモンが残ったけど、睡眠時間2時間くらいで新宿ReNYに朝から通う未来がなくなってホッとしたのは僕だけじゃないはず。

  

www.youtube.com

www.youtube.com

  

セトリ

1.ゲート・オブ・ザ・タイガー/虎虎タイガー!!(メドレー)

2.栄光サンライズ

3.勇気のうた

4.ベイビーレボリューション

5.○○○○○

MC

6.アンチヒーロー

7.チャリンコアイドル

8.くびったけエンジョイサマー!

9.涙の名前

10.ビッグ☆スター!

MC

11.2years

12.新しい世界

13.ミチシルベ

14.シンデレラじゃいられない

15.S.O.K

16.ベイビーレイズ

17.夜明けBrand New Days

18.僕らはここにいる

(en)

1.閃光Believer

2.スパイラル

(en2)

1.Dreamer

 

第1戦目はこちら

http://sotoboriumetarou.hatenablog.com/entry/2017/04/13/054240

第2戦目はこちら

http://sotoboriumetarou.hatenablog.com/entry/2017/06/27/142110

〔ライブレポ〕超ドSフェスタ静岡@駿府城公演

2017/8/20(SUN) 超ドSフェスタ静岡@駿府城公園

f:id:sotoboriumetarou:20170917213733j:plain

 かつて静岡市で開催されていた夏フェスが今年復活するということを小室哲哉オタから知る。中学生のころ好きだったELTも出演するということで見に行くことに。開場は駿府城公園内で静岡県内に住みながら、初めて堀の内側へ。

 

1部

ら・フェスタ feat.ケンタ

 SBS静岡放送の女子アナユニット。SBSの女子アナユニットといえば、1998~1999年頃にSBSラジオで活動していた女子アナユニットCa・Lonが思い出される。

 バニビっぽい衣装で披露していた曲「フェスタ・ダ・モンデ」ほんのりファンキーなポップソングで良さげだったのでCDを購入。表題曲の「しずおかより愛をこめて」はオルガンがサイケな60sロックでベルハーの1stに入ってそうな曲でいい曲だけど、どの層を狙っているかすごく謎だ。

www.youtube.com

www.youtube.com

 

華原朋美

 やはりこの日はじめてのビックネームなだけあって、入口前で入場制限をくらいながらも開演後に入場。ステージにはともちゃんだけのオケセット。2曲目の「Love is all music」がリリースされたのはちょうど20年前の1997年、FMでのオンエアをカセットに録音して聞いてたので懐かしかった、あの頃と歌声はかわっていない。

 MCでは出演者の名前が入っているフェスタオルの宣伝。「あの方とちょうどいい距離感」と大人なかつユニークにタオルを宣伝してたのが印象的だった。

華原朋美 / LOVE IS ALL MUSIC

www.youtube.com1. I Believe

2. Love is all music

3. I'm proud

 

2部

八代亜紀

2部開場時間に間に合うようにいったらすでに入場待ちの行列が駿府公演の外まで伸びていた。終盤頃にやっと入場。

 「♫お酒はぬるめの燗がいい~」からはじまる代表曲の「舟歌」はベースがブンブンうなるファンキーなアレンジになってすごくかっこよかった。

www.youtube.com

 

 May J.

 となりで見ていたヤンキー一家が「かわいい!かわいい!」って騒いでいたけど、

彼女のファン層って割とそっちなのだろうか。最後の1曲はもちろんあの曲。

www.youtube.com

 

西城秀樹

 登場前に意気込みを語るインタビューが大型ビジョンに。VTRの中のヒデキは脳梗塞の後遺症のせいかうまくしゃべれていなかったので、大丈夫か?という雰囲気が会場内に。VTR後に登場したヒデキはMCはうまくしゃべれないものの、歌はしっかり歌えててすごく圧倒されてしまった。

www.youtube.com

 

 Every Little Thing

 全盛期のシンセサウンドはほとんど後退したオーガニックなサウンド。「出逢った頃のように」もフージョンなアレンジになってた。一緒いた友達と話したのは「変化できるものが生き残る」ということ。

www.youtube.com

1.出逢った頃のように

2.fragile

MC

3.ハリネズミの恋

4.ON AND ON

MC

5.Time goes by

 

小室哲哉

 大トリは小室哲哉。今年のサマソニのカルビン・ハリスと一緒でDJ SETが大トリをキメる。サマソニと違う点はギャル・パリピが全然いないこと。

 今までの流れを断ち切るようにもろEDMな音が会場に響き渡りDJがスタート。踊る人はまばらでほとんどの人が手拍子でこれに対応。異なる文化がぶつかりあう感じがしてゾクゾクした。もちろんすぐに歌が始まるわけではないので「えっ!?」っていう反応の人がちらほら。サマソニでは絶対にいなそうなおじちゃん、おばちゃんが結構いたからそれは無理ない。

 曲は先日リリースされた全曲Get Wildのアルバムに収録されているEDM版のGet Wild。イメージとしてはAviciiっぽい音色のアレンジ。TKとしてはこのあとの懐かしのヒットパレードを前に今の音をアピールしたい狙いがあったのだろう。3回目のドロップの後、テンポが急にスローダウン、「ギュイインー!!!」と粗いノイズ音を会場中に響かせ「Wow Wow Tonight」へわりと強引にジョイント。

 「Wow Wow Tonight」はユーロビート調なアレンジ。特大ヒット曲でリアルタイム直撃世代が多かったせいか、会場中が手を振って結構な盛り上がり。次の曲は?と期待していたら曲が終わっていないのに小沼みのりアナと内山絵里加アナが「はいっ!ありがとうございました!」と袖から登場してDJタイム終了。このぶった切りもなんだかすごい。

www.youtube.com

 

TK DJ SET

1.Get Wild (SICK INDIVIDUALS REMIX)

2.Wow Wow Tonight ~時には起こせよムーブメント

 

小室哲哉 × 井上苑子

 大型VISONでTKスペシャルコラボのアナウンス。一人目は第1部に出演の井上苑子さんでオリジナルのオケにTKがシンセで音を重ねていくスタイル。この後の八代亜紀とのコラボではキーを下げる配慮が見られたのに、井上苑子さんには原曲の高いキーのまま歌わせるTK、まさに超ドS。

 

www.youtube.com

1.愛しさと切なさと心強さと(篠原涼子

2.BOY MEETS GIRL(TRF

 

小室哲哉×八代亜紀

 雨の慕情は今日のための特別なアレンジ。すごくTKのクセの強いアレンジの中にもThe Chainsmokersっぽい音色がところどころに見られてさすがだなと。

www.youtube.com

1.雨の慕情 (TKアレンジver)

2.Departures

 

小室哲哉+朝倉さや+MayJ+井上苑子八代亜紀ELT西城秀樹

 この日のために作られたフェスタ今年のフェスタ静岡のテーマソング。小沼アナの「みんなで歌いましょう!」と煽りがあったものの、今日一番の最新曲であることと、周知不足のせいかシンガロンガというわけにはいかず。ただ女性ボーカル×ラップ×TKの組み合わせにglobeを重ねてしまってちょっと感動した。

 最後は出演者が全員集合、センターはもちろん西城秀樹。会場中の誰もがYMCA部分の振りコピをして大団円。最終的にヒデキに感激。

 

www.youtube.com

 www.youtube.com

1.ONE LOVE 

2.YOUNG MAN (Y.M.C.A)

f:id:sotoboriumetarou:20170917213814j:plain

 

 

 

 

 

〔ライブレポ〕東京女子流 復刻版!定期ライブ LIVE*056 『Season4の夜明け』 @Mt.RAINIER HALL 渋谷PLEASURE PLEASURE

2017/8/19(sat) 復刻版!定期ライブ LIVE*056 『Season4の夜明け』 @Mt.RAINIER HALL 渋谷PLEASURE PLEASURE

 

f:id:sotoboriumetarou:20170824214537j:plain

 

 夜公演。会場BGMはトロピカルハウスに混じってBruno Marsのゴージャスな「

24K Magic」

 

Bruno Mars / 24K Magic

www.youtube.com

                                                                                                                                                           

 昼公演と同じくフロアの観客と盛り上がろうと!ということでMCで女子流から「ちいさな奇跡」サビのダンス指導。サビ部分のフリは結構高速でアスタライトの必死な振りコピはステージ上から見るとちょっと面白いと中江さん。

 

 3回くらいの入念な練習のあと「ちいさな奇跡」へ。練習のかいもあってかフロアのアスタライトの振りコピは結構揃ってた。そして曲が終わったあとの充実感。こういう楽しさを味合うのはなんだか久しぶり。

 

 すごく象に残ったのはアンコール「Mine」前のめいてぃんのMC「『Mine』の歌詞は反抗心を歌っていて、それって当時の私たちのことだと今回歌詞を見直して気付きました。」のくだり。

  

 この復刻版ライブは当時のことだったり、曲と再び向き合う機会になっているようで、秋からはじまるベスト盤ツアーは対になってるんだなぁと思った。最初はアーティスト宣言撤回からの旧アスタライト呼び込み企画かと思ったけど、実はもっと重要な意義があるのかもしれない

 

 アンコールラストはTRFカバーの「Overnight Sensation」最初の武道館公演での振りコピ指導を体が覚えてて結構楽しく踊れた。アーティストもアイドルも関係なくなった女子流、これからどんどん楽しくなっていきそう。

 

東京女子流/ちいさな奇跡

www.youtube.com

 

セットリスト

1.Rock you!

MC

2.眩暈

3.ヒマワリと星屑

4.ゆうやけハナビ

MC

5.ちいさな奇跡

6.My Will (Dream)

7.LIFE SIZE

8.ディスコード

MC

9.W.M.A.D

10.頑張って いつだって 信じてる

11.Attack Hyper Beat POP

en)

12.Love like candy floss

MC

13.Mine

14.Overnight Sensation~時代はあなたに委ねてる~

 

〔ライブレポ〕東京女子流 復刻版!定期ライブ LIVE*017 『復刻!白フワ衣装!』 @Mt.RAINIER HALL 渋谷PLEASURE PLEASURE

2017/8/19(sat) 復刻版!定期ライブ LIVE*017 『復刻!白フワ衣装!』 @Mt.RAINIER HALL 渋谷PLEASURE PLEASURE

 

f:id:sotoboriumetarou:20170824214537j:plain

 

  Mt.RAINERの名前を冠しているだけあってドリンクでMt.RAINERが選べるライブハウス。「Closer」が流れる中、大学の生協ぶりにMt.RAINERを飲みながら開演待ちのところ、べーさんの「ペンライトをもってこい」のツイートを見てあわててペンライトを購入。ペンライト禁止の環境に慣れすぎたせいか、すっかり持ってくるのを忘れていた。

 

 The Chainsmoker / Closer ft.Halsey

www.youtube.com

 

 最初の2曲はSPEEDのカバー。音楽性が遠からずなせいかすごくハマってた。今改めてSPEEDを聴くとトラックが結構格好良い。Youtubeで当時のヒヤヒヤするカバーはみたことあったけど、今回は全然ヒヤヒヤしなかった。

 

 「最初はオリジナル曲がなくて、全部カバーで(LIVEを)やったこともあった」とめいてぃん。次のブロックは90年代~00年代のユーロビート/沖縄アクターズスクール固めでただただ懐かしい。

 

 「Believe」は楽しくなる曲だそうで、特にべーさんはお気入りとのこと。ひーちゃんは当時「AAAの宇野ちゃんのねちっこい歌い方を真似してた」と回想。メンバーが「大人っぽい歌い方」とフォロー。

 

  後半ブロックは当時の数少ないオリジナル曲。「Love like candy floss」は最後のサビ前でステージ上のメンバーと観客が同時に点灯させるパフォーマンス。「ペンライト綺麗でした」とべーさん。これが正しいペンライトの使い方の一例。

 

 「きっと忘れない、、、」は映画タイアップの曲というMCから、べーさんが「鳴子の映画の曲」と言って他のメンバーが「よさこいの映画の曲だよ!」とツッコミを入れたのが面白かった。客席には鳴子をシャカシャカ鳴らすアスタライトがちらほら。

 

 本編ラストは「ヒマワリと星屑」「おんなじキモチ」「キラリ☆」と人気曲が並ぶ。こんなにナチュラルに「おんなじキモチ」の振りコピができる未来が来るとは。

 

 アンコールもカバー曲中心。MAXの「Ride on time」がすごく今の女子流に合っている気がした。この曲がリリースされたころのMAXがだいたいハタチくらいだからか。

 

 「最後は女子流のオリジナル曲で!」とめいてぃんのMCからの「ずっと 忘れない。~TJO & YUSUKE from BLU-SWING Remix」。もちろんよかったけど、終演後に配っていたセトリのプリントには「ずっと忘れない。PellyColo Remix」と誤植されていて、そっちのパフォーマンスすごく見てみたい。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

 セットリスト

1.Body &Soul (SPEED)

2.Go!Go!Heaven(SPEED)

MC

3.Amazing Love(Folder5)

4.TRY ME(安室奈美恵with Super Monkeys)

5.Seventies(MAX)

6.Believe(Folder5)

MC

7.Love like candy floss

8.きっと忘れない、、、

MC

9.ヒマワリと星屑

MC

10.おんなじキモチ

11.キラリ☆

en)

12.Wake Me Up!(SPEED)

MC

13.reality(Dream)

14.Grow into shinin' star (SweetS)

15.Ride on time(MAX)

16.ずっと忘れない。(TJO & YUSUKE from BLU-SWING Remix) 

〔ライブレポ〕 TOKYO IDOL FESTIVAL 2017 DAY3

TOKYO IDOL FESTIVAL 2017 DAY3 

迷走台風は完全に九州にそれ、お台場は灼熱地獄へ。

f:id:sotoboriumetarou:20170821222121j:plain

 

ぷちぱすぽ☆@DREAM STAGE

 運動会でよく使われる「天国と地獄」をモチーフにした曲が楽しい。

www.youtube.com

 

RYUTist@DREAM STAGE

 古町からのグッドミュージック。

www.youtube.com

 

フィロソフィーのダンス@DREAM STAGE

 マリリの「ここにいる全員のオタクを落として帰りたいと思います」という威勢のMCよりも「でっかい虫つかまえちゃった」と言って空に虫を放すおとはすの自己紹介の方が印象に残った。素敵な」夏の出来事。

1.DTF

2.バッドパラダイム

3.夏のクオリア

 

 lyrical school@HEAT GARAGE

 tofubeats作の「そりゃ夏だ!」「FRESH!」に並んで「夏休みのBABY]も夏のアンセムとして定着しそう。

www.youtube.com

 

amiinA@DREAM STAGE

 ステージ前の階段を降りていったら、荘厳な世界が広がっていた。

www.youtube.com

 

コラボライブ おどるオサカナ「フィロソフィーのダンス × sora tob sakana」@SMILE GARDEN

 「告白はサマー」を晴れたスマイルガーデンで聞ける喜び。

 

寺嶋由美@SMILE GARDEN

 サークル・リフトをすればBONDSが飛んでくる厳戒態勢のSMILE GADENをジャパニーズ・トラディッショナルサークルつまり、盆踊り会場に変えるゆっふぃーはすごいとう。

www.youtube.com

 

ベイビーレイズJAPAN@HOT STAGE

 今年のTIFのラストステージ。数時間前の特典会あいさつにて、でんちゃんが「今日はエモエモでいきます!」と予告した通り「TIGER SOUL」で徐々にテンションを上げていって、「栄光サンライズ」で一気に上げていくセトリ。

 新曲「○○○○○」愛夏ちゃんの「♫○○○○○だ!」の歌い上げのあとにB'z「ultra soul」よろしく「ハイッ!」とコールするのが定着してて、HOT STAGEの規模もあってかものすごくスタジアムロックを感じた。

 「シンデレラじゃいられない」をシンガロングで盛り上げた後のラスト曲は「夜明けBrand New Days」。去年のTIFスマイルガーデン&@JAM EXPOで騒ぎたいピンチケ集団からのサイリウム投げにあって以来、大切な曲をおもちゃにされたくないと、フェスでは避けられてきた曲。

 イントロを聞いたとき、とてもうれしかった。それはただ曲が好きだからとか「イエッタイガー!」で沸きたいからではなくて、メンバーのグループ1のアンセムを期待通り届けてくれる優しさだったり、怖れずに最後にこの曲を選んでくれた勇気だったり、いろいろ混ざりあった感情と多分、夏の暑さのせい。

 長いおじぎと鳴り止まない拍手の後、顔を上げたでんちゃんがやりきったすごくいい笑顔をしてた。これで問題がなくなったというわけではないけど、ベビレ自身にとっても虎ガーにとってもひとつの区切りになったに違いない。

 

www.youtube.com

 https://twitter.com/lespros_manatsu/status/894110413138284544

1.TIGER SOUL

2.栄光サンライズ

3.○○○○○

4..ベイビーレボリューション

5.シンデレラじゃいられない

6.夜明けBrand New Days

 

PASSPO @HEAT GARAGE

 TIF皆勤賞の貫禄。

www.youtube.com

 

9nine @HEAT GARAGE

 川島海荷卒業後の新体制を見るのははじめて。トレバーホーン作の新曲「SunSunSunrise」はEDMから少し離れたエレクトロポップ。フロア映えする曲の連発でとにかく踊るしかない。

www.youtube.com

1.SHINING☆STAR

2.SunSunSunrise

3.少女トラベラー

4.愛愛愛

 

 東京女子流 @SMILE GARDEN

 冒頭からアンセム「おんなじキモチ」「ちいさな奇跡」でスマイルガーデンを一気にもりあげる。昨日のHOT STAGEよりも今日のスマイルガーデンの方がTIFに凱旋した感じが強い。

 めいてぃんの緊張した面持ちのMC「次も私たちの大事なオリジナル曲です。初めて見る方も多いんじゃないかなと思いますが、この曲でもみなさんに音楽を伝えていきたいと思うので、最後まで見ていって下さい」からの「深海~Hi-ra Mix~」

 緊張していたのは多分、アーティスト宣言後の曲で受け入れられるかの心配があったかもしれない。蓋を開けてみれば曲名で歓声が上がり、スマイルガーデン中がリズムに揺れてた。 

 

www.youtube.com

 

1.おんなじキモチ

2.ちいさな奇跡

3.深海 ~Hi-ra Mix~

4.Attack Hyper Beat POP

 

〔ライブレポ〕TOKYO IDOL FESTIVAL 2017 DAY2

TOKYO IDOL FESTIVAL 2017 DAY2

 

ラジオ体操@SMILE GARDEN

 DJダイノジによるラジオ体操。煽るサポートメンバーがいて「nerve」をかけてたけどイマイチ乗り切れず。前に見たときはオフスプリング「ALL I WANT」やアンジェルム「大器晩成」をかけててすごく楽しかったんだけど。

 

Task have Fun@SMILE GARDEN

 「Taskいきます!」

www.youtube.com

 

チャオ ベッラ チンクエッティ@SMILE GARDEN

チャオベッラ姐さんのお祭り感。

www.youtube.com

 

OnePixel @SMILE GARDEN

3人組 × エレクトロ寄りのトラックがどことなくPerfume感あってちょっと気になった。

www.youtube.com

 

GEM @SMILE GARDEN

 「Do You Believe?」で踊るのはTIF参加の

1.Sugar Baby

2.最強Summer!!

3.Do You Believe?

 

 物販は乃木坂の握手会であった発炎筒騒ぎの影響か金属探知機、カバンチェック、に飲み物の確認(一口飲まされる)と物々しいチェック体制でうんざりする。

 ベビレ/9nineのブースにはメンバーの浴衣姿がプリントされた幕があった。こういうのあるとうれしい。

f:id:sotoboriumetarou:20170812201801j:plain

 

IDOL SUMMER JAMBOREE @SMILE GARDEN

 東京女子流からはひーちゃんとめいてぃんが参加。ラスト曲はもちろん女子流「おんなじキモチ」でスマイルガーデンに爽やかな風が。

 

DEAR KISS @SMILE GARDEN

 とてもクールなハウス曲。 

www.youtube.com

ベイビーレイズJAPAN @SMILE GARDEN

 この頃になると曇り空から太陽が出てきて灼熱。晴れが似合うベイビーレイズJAPANのセットリストももちろん熱い曲が並ぶ。汗だくで煽るリコピンが個人的MVP。

www.youtube.com

 

1.FOREVER MY FRIEND

2.JUMP

3.○○○○○

4.閃光Believer

5.虎虎タイガー!!

 

ミューコミ+プラスしゃべれる女王決定戦2017 @INFO CENTRE

 リコピンが審査員なので初めてINFO CENTREへ。バニビ姐さんと岡田ロビン姐さんの背中はみえてきた。

 

フィロソフィーのダンス @SMILE GARDEN

 ファンクなリズムにゆれるスマイルガーデン。

 www.youtube.com

 

東京女子流 @HOT STAGE

 1曲目「頑張って いつだって 信じてる」からの1st~2ndアルバム、つまりアイドル時代を中心にしたセトリ。メンバーも久しぶりなせいか「頑張って~」の歌いだしを大きく外してしまうハプニング。

 近年の曲がなかったのがちょっと残念。「water lily」や「ミルフィーユ」を爆音で聞いてみたかった。

www.youtube.com

1.頑張って いつだって 信じてる

2.Rock you!

3.Limited Addiction

4.鼓動の秘密

5.ヒマワリと星屑

6.おんなじキモチ

 

lyrical school @SMILE GARDEN

 HOT STAGEからSMILE GADENへダッシュしていたら、BONDSの兄さんに注意を受けてしまった。

www.youtube.com

 

WHY@DOLL @DOLL FACTRY

 最後に歌った「Dreamin' Night」がメロウでアダルトなグッドミュージックでできればこの曲でこの日を終えたかった。

www.youtube.com

 

東京パフォーマンスドール  @DOLL FACTRY

 久しぶりに見たら雰囲気がずいぶんかわってた。でも曲調の090's感はブレてない。

www.youtube.com

DAY3へ続く。

http://sotoboriumetarou.hatenablog.com/entry/2017/08/21/222630