読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外堀のブログ

虎ガーだったり、アスタライトだったり、ペシストだったり、ベイベーだったりする人の雑記。

〔観覧日記〕「ベイビーレイズJAPAN AUTUMN TOUR -IDOROCK REVOLUTION-対バンライブ/Qaijff」

ベイビーレイズJAPAN Qaijff

f:id:sotoboriumetarou:20151106210243j:plain

2015.11.1@江坂MUSE

 

“IDOROCK”という指標を打ち立てて以降、ロックバンドとの対バンを積極的に行っているベイビーレイズJAPAN。今回初めて対バンライブを観ることができた。

 

入場していつも通りにドリンク券をミネラルウォーターに換えに行くといつもそこにあるはずのないビアが。対バンライブはアルコールOKなのか、早く教えて欲しかった。

 

対バン相手のQaijffはノンフィクションストーリーをベビレに提供したバンド。JAPAN以降広げてきた音楽性の中で出てきたピアノロックは新鮮で以外に相性が良かったし、自然と期待が高まった。

 

ライブは期待通りのピアノロック。ボーカルの姉ちゃんは赤いNord Pianoを打楽器的に弾き歌う。かっこいい。Ben Foldsとかschool food punishmentが好きな人ははまるんじゃないかなぁ。

 

何曲か披露したあと、ドラムの人がYU-YU-YUKIHIRO!というコールとともにチャラいFMのパーソナリティみたいなキャラに変身し、客をアジる。(まあ僕はトイレに言ってたんだけど)

 

トイレから戻ると。まさかのノンフィクションストーリーのセルフカバー。Qaijff版もいいなあと思っていると曲の2番から対バンTシャツをまとったベビレメンバーが登場し、そのままコラボレーション。次曲ではQaijffの曲をベビレとデュエット。秋ツアーの対バンライブでのコラボはこれが初ということで貴重なものが見れたぜ。終演後、QaijffのCDを購入。

 

ベビレのライブは新しい世界からスタート。後のMCでQuajffの1曲目がニューワールドだったため、合わせにいったことを知る。この日のベビレのセトリはすべてアゲ曲でピアノロックとの対決姿勢、というか対バン相手のファンを奪いにいく心意気を感じた。

 

MCでは高見がQaijffのドラムの人のキャラをパクって、NA-NA-NAOSUKEという新キャラを披露。このグループ、新キャラがどんどん乱立していくよな。誰かまとめて欲しい。

 

11/2に誕生日を迎えるでんちゃんにとってこの日が10代最後のライブ。真面目に20代の抱負を語ろうとするでんちゃん。なぜか赤ちゃんことばで抱負を語るハメに。躊躇していると、高見が

 

「早くバブれよぉ~!」

 

とヤジを飛ばす。(これ面白い、今度使おう。)でんちゃんは真面目に抱負をバブってくれてこれもまた良かった。でんちゃん20歳の誕生日おめでとう。

 

バックが生音じゃないぶんベビレ不利かと思ってたけど、音源でもベビレのライブは十分、熱かった。生音かそうでないかは関係ないらしい。来年の夏辺りはどこかの夏フェスでバンドに囲まれながらパフォーマンスする彼女たちを見てみたい。この日のライブを見る限り、十分ありえる未来だと思う。

セトリ:

先攻:Qaijff

1.ニューワールド

2.organism

3.meaning of me

4.虹を探していた

5.ノンフィクションストーリー(ベビレとコラボ)

6.Clock hands(ベビレとコラボ)

7.クロスハッチング

8.lost world

 

後攻:ベイビーレイズJAPAN

1.新しい世界

2.Pretty Little Baby

3.暦の上ではディッセンバー

4.栄光サンライズ

5.Forever My Friend

6.恋はパニック

7.充電満タン~サタデーナイト

8.ぶっちゃけRock'n はっちゃけRoll

9.SHOW TIME

10.S.O.K

11.ベイビーレイズ

12.夜明けBrand New Days

13.SMILE