外堀のブログ

虎ガーだったり、アスタライトだったり、ペシストだったり、ベイベーだったりする人の雑記。

〔ライブレポ〕ベイビーレイズJAPAN 野外ワンマン3連戦 “晴れも!雨も!大好き!” 第3戦目 みんなでエモーショナルアドベンチャー!@東武動物公園 新ステージ

2017/9/24 ベイビーレイズJAPAN 野外ワンマン3連戦 “晴れも!雨も!大好き!” 第3戦目 みんなでエモーショナルアドベンチャー!@東武動物公園 新ステージ

 

http://natalie.mu/music/news/249995

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170924-00000043-natalien-musi.view-000

http://ototoy.jp/news/86845

 

f:id:sotoboriumetarou:20170930134035j:plain

 

 ベイビーレイズJAPANの2017年の大きな挑戦である野外ワンマン3連戦のファイナルは東武動物公園の新ステージ。テレ東地上波番組「浅草ベビ9」のおかげもあってかチケットはソールドアウトという盛況ぶり。

   10年ぶりに乗った東武本線、当時は日光に行くためだったけど当時のことはあんまり覚えてない。下車した東武動物公園前駅は前日に新ステージのこけらおとし公演をおこなったももクロ仕様に。

 

 f:id:sotoboriumetarou:20170930210419j:plain

 

  チケット代に動物園入場料も含まれていて、せっかくなので早めに会場入り。入場口付近の時点でリハの音漏れが聞こえてくる。ステージ近くでセトリ知ってしまうのもアレなので動物園内を歩き回ることに。天気はくもが少し多めの晴れで、夏と秋が混じりあったような過ごしやすい気候。

f:id:sotoboriumetarou:20171002224507j:plain

 

とりあえず行こうと思ったのはホワイトタイガー。恋パニの特典DVDで飼育員体験&「虎虎タイガー!!」のMVロケ地ともあって、同じ考えの虎ガーがちらほら。動物園エリア隅々までまわったけど、どこにいっても愛夏ちゃんの歌声が聞こえてきてちょっと困った。

 

f:id:sotoboriumetarou:20170930205814j:plain

 

 物販で時間を使ってしまったので、開演少し前に会場入り。開場BGMはスピッツ星野源でとても平和な日曜の午後を演出する選曲。前を向くと日比谷、稲毛であったような飾り付けは一切なく、バンドセットだけのシンプルなステージが。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

1曲目は「ゲート・オブ・ザ・タイガー」と思いきや、愛夏ちゃんのイントロソロおわり「シビレたー!」コールから「虎虎タイガー!!」イントロに接続する意表をつくオープニングで、観客のテンションも一気にあがる。

 

  最初のMC。東武動物公園でも思い出話から「ヒーローショーでものっとりライブをしたことがありますが、そんな私たちにも“ヒーロー”がつく曲ができました!」とリコピンの巧みなMCからりおとん作詞曲「アンチヒーロー」の曲紹介へ。会場の虎ガーに向かって「つよくも、美しくも、格好良くもない人たちのために書きました」というりおとん先生の言葉とてもトゲがあってパンク。曲自体も中盤がスカ・レゲエアレンジが面白い。

 

 続いて「チャリンコアイドル」は“チャリンコ”を“トロッコ”に置き換えた特別バージョン。メンバーが乗ったトロッコが会場内を回る。席が割と後方だったので、うれしい演出。メンバーのトロッコに慣れていない感じがかわいかった。愛夏ちゃんは通路沿いの人たちとハイタッチしてて、さすがセンターの貫禄。 ホール・アリーナ等おおきな会場の遠くの観客をどれだけ楽しませることが出来るかがベビレのこれからの課題のひとつだと思うけど、これはひとつの最適解だと思った。おそらく高見さんのツイートからSMAPのステージを参照したと思われる、他にも参照したネタあるみたいだからその辺すこし掘ってみたい。

 

 「バキバキ」に収録予定で延期され「THE BRJ」に収録された「くびったけエンジョイサマー」も(たしか)この日初披露。元気いっぱいのサマーソングだけど、今までとは違ってキーボードとピアノがオシャレ。キーボードを弾きまくる菊池さんを近くで見れなかったのが残念。ギリギリ今年の夏に間に合った感じだけど、本当にこの曲を楽しめるのは「真夏のフィーバー!」みたく来年の夏のどこかの空の下になりそう。

 

「ビッグ☆スター!」は個人的にこの日のハイライト。5周年が近いこの日にかわらない5人が五つのピースを繋げるシーンはとても素敵だった。

 

 続いては5周年絆クイズというお題に対し、5人が同じ回答をするかで結束力?を確かめるコーナー。お題は熱波で共演しているハライチの岩井さんから。(いるのに何故かステージに姿を現さない)5人で同時に答えを言う形式、もちろん何言ってるのかわからなかったのでひとりづつ回答することに。

 

1問目は「5年間で一番怒られたこと」

リコピン「岩手」

でんちゃん「岩手のマイナス五度事件」

愛夏ちゃん「胃腸炎!」

高見さん「『冬の魔法』の振り入れのとき、可愛くないとマネージャーにダメ出しされた」

りおとん「いつぞやの全国ツアーのどこかでめっちゃ怒られた」

 

2問目は「武道館公演の前日の思い出」

リコピン「武道館の下見」

でんちゃん「武道館の下見」

愛夏ちゃん「わたしも、武道館の下見!」(メンバーor岩井さんからウソつけ!とツッコミ)

高見さん「(ベイビーレイズJAPANへの)改名を知らされた」

りおとん「みんなでご飯たべに行った」

 

 回答だけ見ると下手組結束力あるのと、りおとんは多分真実を語っている、、、。

 

 最後のブロックはでんちゃんの歌詞を引用した前フリからの「2years」でラストスパートへ。本編ラストは鉄板曲「夜明けBrand New Days」ではなく「THE BRJ」から「僕らはここにいる」。曲が始まる前の愛夏ちゃんMC「5年かけてできた曲です。」がすごくエモーショナル。

 

 野外公演のファイナルということだったけど、日比谷や稲毛に比べて飾りや舞台装置がまったくないシンプルなステージに5年目の自信を感じた。あとファイナル公演のわりに3公演をやりきったカタルシスをあんまり感じなかった。メンバーにとっては今日のファイナルもあくまで通過点という認識なんだろう。りおとんのアンコールでの挨拶「高見を目指す」がそれを表していると思う。

 

 5周年ミニアルバムの「THE BRJ」はちょっとオシャレな「くびったけ~」、aikoっぽいガーリー感ある「スパイラル」、洗練された「僕らは~」と2ndからの変化が感じられた。この日のセトリもここ最近の定番を崩す変化があったし「変化していくことが生き残る」ということを改めて感じた、動物園で。

 

 アンコールでの告知はエモフェス2017開催のお知らせ。女子限定、ファンクラブ限定、スタジオコーストのワンマン3公演がメインで、でんちゃん曰く「最初の公演から最後の公演までの3週間がずっとフェスでいろいろな催しがあるよ」とのこと。「フェスなの?」という素朴なギモンが残ったけど、睡眠時間2時間くらいで新宿ReNYに朝から通う未来がなくなってホッとしたのは僕だけじゃないはず。

  

www.youtube.com

www.youtube.com

  

セトリ

1.ゲート・オブ・ザ・タイガー/虎虎タイガー!!(メドレー)

2.栄光サンライズ

3.勇気のうた

4.ベイビーレボリューション

5.○○○○○

MC

6.アンチヒーロー

7.チャリンコアイドル

8.くびったけエンジョイサマー!

9.涙の名前

10.ビッグ☆スター!

MC

11.2years

12.新しい世界

13.ミチシルベ

14.シンデレラじゃいられない

15.S.O.K

16.ベイビーレイズ

17.夜明けBrand New Days

18.僕らはここにいる

(en)

1.閃光Believer

2.スパイラル

(en2)

1.Dreamer

 

第1戦目はこちら

http://sotoboriumetarou.hatenablog.com/entry/2017/04/13/054240

第2戦目はこちら

http://sotoboriumetarou.hatenablog.com/entry/2017/06/27/142110