外堀のブログ

虎ガーだったり、アスタライトだったり、ペシストだったり、ベイベーだったりする人の雑記。

〔ライブ感想〕 fishbowl 1st oneman live オランダシシガシラ@静岡市清水文化会館マリナート 大ホール

2022.7/31(sun)fishbowl 1st oneman live オランダシシガシラ@静岡市清水文化会館マリナート 大ホール

 

静岡発アイドルグループfishbowlのホール1stワンマンライブ。4月の発表の時はずっと先だと思ってたけどあっという間に当日になってしまった。大人の時間は早い。開場BGMはすごく前とちょっと前のヒット曲。選曲はメンバ-&スタッフが初めて買ったCD/レコードとのこと。桑田佳祐波乗りジョニー(2001年)が流行ってた頃メンバー誰も生まれていないよな~って思いながら開演待ち。誰がどの曲を選んだかはわからないけど、BUCK-TICKを選んだのは久松さんなのはわかる。

 

www.youtube.com

寺尾 聰 ルビーの指輪 - YouTube

ラストチャンス / Something ELse - YouTube

夜王子と月の姫 - YouTube

ラブ・ストーリーは突然に - 小田和正 - YouTube

きゃりーぱみゅぱみゅ - つけまつける , Kyary Pamyu Pamyu - Tsukematsukeru - YouTube

=LOVE(イコールラブ)/ 5th Single『探せ ダイヤモンドリリー』【MV full】 - YouTube

BUCK-TICK at the NIGHT SIDE 日比谷野音 05. 羽虫のように - YouTube

 

東海道本線の遅延のため、20分押しで開演。ステージ前には半透過スクリーンがあって炎や水しぶき、メンバーの姿が映し出されるド派手な演出な中メンバーが登場、公演名になっている金魚のオランダシシガシラをイメージしてか鮮やかなオレンジ色の新衣装。新しいSEかと思ったらそのまま1曲目(新曲)の「開幕」へ、スタジアム感あってまさに1曲目にふさわしい。洋楽感もあって新機軸。

続いての曲は「猛獣」木村日音さんが間奏のソロダンス、ステージを広く使っていて大迫力。前回観たのが天浜線マルシェの極狭ステージだったのでまさに解き放たれた感じ。

運営から事前に「熱波を感じるまではペンライト等の光物は遠慮してね」とアナウンスあったので演出には期待してたのだけれど、普段のライブハウスでは味わえないスクリーンや舞台装置を使った演出がとても良かった。

「湖月」はバックスクリーンに星空→満月の映像を投影してのパフォーマンスはメンバーが照明に明暗で星空/満月に浮かび上がってくるように見えて美しいはっとする瞬間がいくつかあったり。満月の映像も波紋で揺れたり、魚が通り過ぎたりして湖面に反射した月なのも素敵。どこの湖がモチーフになっているか考えてしまったのだけど、湖面が揺れていないことを考えると浜松市天竜川にある船明ダムかな?「月まで3km」の標識もあるし。

「距離」はステージ上に設置された照明の台座が曲とダンスとシンクロするようにピンクに点灯していってカッコいい感じ。この曲、ホールで観ても2番頭の久松さんの前ならえの振りつけのくだりは可愛くて好き。「深海」はpiano ver.に新間さんの朗読が追加、再び降りてきた半透過スクリーンには詩が投影されてホール内が私的な空間に。新間さんの朗読もいい声。

「深海」後にメンバーが袖にはけて幕間映像へ。映像はバックステージの様子が映し出されていて映像内のメンバーからは「後半も盛り上がっていくぞ!」と気合が。そういえばまだ屈指のパーティーソングが披露されていないことに気付く。

本編ラストは客席の後ろからメンバーが登場し、通路を通ってステージへ。今年に入ってそれぞれの現場を盛り上げてきた「熱波」「平均」「半分」の3連投なので楽しくないはずないよね。

アンコールは夏曲の「白線」「朱夏」。「白線」は初出しにMVがスクリーンに投影されてパフォーマンスとどちらを見るかで迷ってしまった。「朱夏」の時はおそらく「白線」MV撮影時のオフショット?(なぜか寝顔多め)。どちらも2022年夏のfishbowlのいい雰囲気がパッケージされていてとても良かった。「白線」は公開が決まっているけど、「朱夏」の時の映像も公開されて欲しい。

アンコールで初めてのMC、このライブへの意気込みの話になり久松さん「ワンマンに向けて準備してきたよね!桃子!」と話を振ると「1カ月ホワイトニング通った」とニカっと笑う大白さん。大白さんのホワイトニングが練習時間の調整に影響を及ぼしていたとのこと。「キムは?」と話が飛ぶと「ネイルをしました」と得意げにネイルを見せてくれる日音さん。「私も!」と新間さんもネイルを披露。

3人の話を聞いて久松さん「私が何もしてないみたいじゃん!」と言うと、大白さんが「由依も髪きったよね?」とスッとフォローを入れる。久松さん「髪を2cm切りました」と得意げに言うも微細な変化なのか観客席も微妙な反応。

「気付いた人いる?」と呼びかけ、まばらに手があがる観客席に「絶対に気付いてないじゃん。嘘つきばかり!」と久松さんバッサリ行く、ちょっとコントな流れで楽しかった。ここは普段の定期公演みたいなリラックスしたムードだった。そしてMCの後ははじまりの曲「深海」で大団円。

アイドルが今までにない大きいキャパでのライブをやるとそこに向けての物語のようなものが作られて共有されることが多いと思うけど、今回のライブはそういったものは希薄だった印象。オタク側もそんなに気負い感じることもなく、1周年を新しい演出で楽しめた感じ。fishbowlにとっても大きな節目ではなくて、ひとつの通過点なのかなとは思った、まだ始まったばかりのグループだし。

 

セットリスト

1.開幕(新曲)

2.猛獣

3.踊子

4.湖月

5.観察

6.距離

7.深海(piano ver.)+詩の朗読(新間いずみ)

8.熱波

9.半分

10.平均

en)

11.白線

12.朱夏

13.深海

 

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com