外堀のブログ

趣味のブログです。

〔ライブ感想〕fishbowl 新体制初ワンマン「テンセイ」@ LIVE ROXY SHIZUOKA

2024/3/20 (wed) fishbowl 新体制初ワンマン「テンセイ」@ LIVE ROXY SHIZUOKA

 

fishbowl 新体制ワンマンライブ遊びに行ってきました。fishbowlが常箱としているロキシーでは新体制としては初めてのワンマン。

fishbowl、周年ライブやツアーだったり節目ライブには金魚の品種名がつけられるのが恒例になっていて、この日は「テンセイ」がつけられていた。こころさんのアイドル復帰「転生」、ザーラさんアイドル性「天性」といくつか意味がありそう。しかし、こんなにちょうどいい名前の品種がいるとはね。

東静岡駅近くの銭湯でひとっ風呂浴びてから向かうおうと思うも下り列車は春の強風で遅延。近くにあったレンタサイクルを全力で漕いで向かう羽目になってしまった。

ほぼ自分の整理番号近くで到着し入場。客入りも盛況のようで自分の位置も後方よりだった。ステージは青いスポットで照らされている。客入場BGMも「青」をテーマにしたものだった。林田健司「青いイナズマ」*1にYOASOBI「群青」、松田聖子青い珊瑚礁」で暗転し開演。

 

www.youtube.com

 

この日のトピックは何といっても木村日音さんが新たに振り付けした「深海」の初披露だと思う。そんな「深海」が1曲目。これまでのふわっとした感じも所々残しつもスピード感のある格好いい振り付けに生まれ変わっていた。日音さんのルーツであるK-POPの印象もある。人と人すき間からクールな印象のザーラさんが見える。ザーラ様!

鉄板の3曲と「朱夏」「一雨」5曲披露だった三島でのライブに比べてこの日は13曲のボリューム。新体制5人での変更点あんまり見えなかったのでそのあたりの確認はおいおいと。「尻尾」久松さんが醸し出していた「妖しさ」の雰囲気が好きというのも再確認。6人版になったらどんな感じになるんだろう。

アンコールは「朱夏」に続いて予告なしの新曲「四季」が披露された。キャッチー、バンドっぽい音でベースがブンブン鳴っている。この曲も宮野弦士さんの仕事だろうか。MCでは1月に告知があったローカルアイドルとの対バンされ、夏にかけても新体制fishbowlは忙しいらしい。自分も静岡以外はどこか1つは行きたい。その頃「三島」セトリインしていることを期待しつつ。

 

セットリスト

1.深海

2.猛獣

3.踊子

4.尻尾

5.七夕

6.二兎

7.半分

8.熱波

9.平均

10.一雨

en)

1.朱夏

2.四季(新曲)

3.九天

www.youtube.com

www.youtube.com

 

*1:SMAP提供曲のセルフカバー

〔ライブ感想〕fishbowl さわやかウォーキングコラボ 新体制お披露目ライブ@ 三島市立公園 楽寿園

2024.3.17(sun) fishbowl さわやかウォーキングコラボ 新体制お披露目ライブ@ 三島市立公園 楽寿園

・さわやかウォーキング

fishbowlとJR東海さわやかウォーキングのコラボ。この日は三島市内がコース地でライブはゴールの楽寿園の野外ステージで行われる。

スタート地、三島駅でメンバーのお見送りを見た後、とりあえずコースを歩くことにした。この時点でライブまで2時間を切っていたので行けるのコース前半のJR東海の研修センターのみ。

 

 

研修センター入り口には駅にぶらさがっている発車案内が置いてあり、表示にはfishbowlの文字も。浜松駅でもやってよと思ったのは正直なところ。

 

 

野外の展示は保線関係だった。保線車両をみたり、緊急停止ボタンを押す体験をしたりほどほどに鉄道好きなのでほどほどに楽しむ。新幹線実車が見られる研修棟は長蛇の列だったのでパス。

 


三島駅北側にある幼稚園。門構えがめちゃいかつい。調べると旧陸軍の連隊跡地で遺構がそのまま残っているらしい。

 

 

・新体制お披露目ライブ@楽寿園


ライブの行われる楽寿園三島駅のすぐ南側にあった。市街地に豊かな自然、調べるともともとは皇族の別邸だったらしい。

ライブは森を抜けた先にある広場の野外ステージ。ステージ脇にはメンバーそれぞれのぼりが6本立っていて、お休み中の久松さんの分も。

 

 

1部+特典会(11:30~)

新体制になってから初めてのステージ。ステージ上の人数が増えているのでより賑やかになった。1部ライブは新メンバー齋藤ザーラチャヒヨニさんはアイドルデビューステージ。ダンス歴が10年とあって既に堂々たるステージングだった。

新曲を含めてフォーメーションは5人で最適化されているようだけど、何となく空いているところ、アンシンメトリーの部分久松さんが入るスペースなのだろうかなって思いながら見てた。

ライブの後は三島市長が登場。三島にゆかりがあるというザーラさんの応援自治体になると発表された。fishbowlの応援企業、自治体の発表はSNSでさらっとされるのがほとんどだけどこの日は自治体の首長が登場である。これがデビューライブでの出来事、ザーラさんスゴイ。

なので特典会はザーラさんのところに行ってみた。先輩からの指導もあったのかチェキもスムーズで会話も気さくだった。緊張しているのはオタクのほう。

 

2部+特典会

この日は新体制での新曲「一雨」も初披露。傘を持つしぐさの振り付けが可愛い。この日アイドルとしてステージ復帰の佐佐木一心さんとても楽しそうにパフォーマンスしてる。前日に吉田豪との対談記事を読み、このステージまで至るまでの諸々を知ると感慨深い。

特典会にも行ってみた。前世からのオタクの人で多く並んでいて久しぶりの再会を楽しむ姿が印象的だった。何だろう、とても良い瞬間。見てて自分も良き日に再開したいなーと思った。

www.youtube.com

2ステージを見て新体制を楽しむ気持ちがある一方、推しがいない淋しさを感じてしまう瞬間もあるのは正直なところ。ゆっくり休んでね=ゆっくり待つなので、箱推し気長に楽しみながら待つメンタリティではいるけど、そういう時もあるよねえ。んー。

 

セットリスト(1部、2部同じ)

1.朱夏

2.平均

3.熱波

MC

4.一雨

5.半分

 

 

 

〔イベント感想〕fishbowl の列車で静岡県横断しちゃっていいですか? on 東海道線 臨時列車「fishbowl号」

2024.3.17(sun) fishbowl の列車で静岡県横断しちゃっていいですか? 

fishbowl (フィッシュボウル) | 静岡発アイドルグループ

静岡発アイドルグループ fishbowlとJR東海とのコラボイベント。2日目は臨時列車での新メンバー初お披露目イベントということで乗ってきました。

 

東海道線 臨時列車「fishbowl号」浜松722-三島922

「fishbowl号」は浜松から新メンバーを加えた新体制お披露目ライブが行われる三島まで向かう臨時列車。列車には現体制メンバーとオタクが乗車し、途中の静岡駅から新メンバーの2人が文字通り「合流」し新体制になるという粋な演出+車内イベントという企画列車である。

早起きして7時の浜松駅へ。発車案内をみると「fishbowl号」は団体扱いになっている。普段はこの駅から東西の現場に向かっているけど、今日はここから「現場」なのでとても不思議な気持ちになる。

 

 

上り2番ホームにあがるとfishbowlロゴをヘッドマークに付けている6両編成の373系が停車している。373系JR東海飯田線身延線の特急、東海道線ホームライナーに充当されている乗り心地のいい特急型車両。さすがに静岡地区名物のロングシートではなかった。快適。

 

ja.wikipedia.org

 

乗車口にはトレインスタッフ姿のメンバーが立ち、検札と言う形でオタクをお出迎え。自分が乗りこむ5号車には新間いずみさんが立っていた。朝から素敵。挨拶をしつつ乗車。車内広告スペース、ヘッドカバーは最新ビジュアルがプリントされたfishbowl仕様になっていた。豪華!

 

 

 

臨時列車は定刻6号車を先頭に浜松駅を発車、上り線を三島駅へ向かう。車内アナウンスもメンバーで最初は木村日音さん、新間いずみさんから社内注意事項、社内イベントについてお知らせ。とても丁寧なアナウンスで緊張感が伝わってくる。

車内アナウンスがおわるとメンバーから記念乗車券の配布。自分のところには木村日音さんが来てくれた。アナウンスの緊張感から解放されたせいかリラックスムードもあり笑顔だった。可愛い。

 

 

アナウンスが無い時間帯はfishbowlの曲が流れていた。歌う373系。車内アナウンス用のスピーカーなので音質はほどほど。ハロウィンイベントがあった掛川付近で「尻尾」、車窓いっぱいの茶畑 菊川~金谷付近では「茶切 cute side 」という感じで楽曲のテーマ地通過時にその曲を流すというこちらも粋な選曲だった。

 

www.youtube.com

 

安倍川を渡り、もうすぐ静岡駅というところで大白桃子さんから新メンバー2人を紹介するアナウンスが入り車内に緊張感が。そんなオタクの気持ちを知ってか知らずか桃子さん三河安城ネタを放りこんでくる。面白い。

 

 

新メンバーの2人は先頭6号車から乗り込むため、オタクの車窓からは見えず。静岡駅を発車して6号車の方からわちゃわちゃした声が聞こえきたと思ったらメンバー5人*1が登場。

新メンバーの佐佐木一心(こころ)さん、斎藤ザーラチャヒヨニさんはここでfishbowlのオタク“ボウラー”とは対面では初お披露目である。グループの歴史的な瞬間をライブハウスでもホールでもなく373系の座席で眺めることになるとは。本当に珍しい現場。

 

 

メンバー揃ってのお披露目の後は車内放送で新メンバーからの挨拶。最初は佐佐木一心さん。一度アイドル活動引退からの復帰ということで喜びとfishbowlに賭ける熱のある挨拶。*2 続いては斎藤ザーラチャヒヨニさん。ザーラさんはまさしく今回が初めてのアイドルデビューということでとても初々しい挨拶。しかし2人ともしっかりとしたしゃべり。

2人の挨拶のあとは新間さんから「新メンバーふたりがみんなのところに検札にいくよ」という車内アナウンス。ザーラさんの挨拶にあった「ピチピチの19歳」フレーズをさっそく使って「ピチピチの22歳!」と自己紹介するあたりさすがの手練れという感じ。オリジナルメンバーもキャリア3年積んでるのよね。

ちょっとして5号車に新メンバーが検札に登場。山側をこころさん、海側をザーラさんが担当。自分にところにはザーラさんが来てくれた。あちらもオタクとの対面が初めてで、こちらも初対面なので緊張した挨拶となった。悪い気はしないけど、今日人生でいちばん検札されてる気がする。

 

 

もうすぐ三島というところで373系のスピーカーから知らない曲が。テーマ地の曲が流れてくるのでこの日のためにプロデューサーのヤマモトショウさん曲を書いたという「三島」と想像がつく。「三島」はジャンルでいえばFuture Funk?たぶんfishbowlでいちばんダンサブルに振り切ったトラックで戦慄。いい曲。ヤマモトショウの本気。

 

 

定刻で三島駅に到着。ホームにはfishbowl×JR東海×三島市の横断幕を持った少年少女達がメンバーとオタクをお出迎え。ボーイスカウトの鉄道版のようなものらしい。その後回送されるまで、fishbowlと電車の撮影タイム。アイドルと373系良いね。

 

 

ラストは三島駅南口にて今回コラボしているJR東海のさわやかウォーキングのパンフレット配布&お見送りにて臨時列車のイベントは終了。オタクはさわやかウォーキングに向かう組、ライブのある寿楽園に直行組とそれぞれ散っていくのであった。

 

 

今回は普段利用している駅のホーム&電車がそのままアイドル現場になったので非日常感がすごかった。まさに珍現場。また開催されるとしたらどうだろう。しばらくはないと思うけど、その時は6人で。

 

hochi.news

 

www.youtube.com

 

つづき

sotoboriumetarou.hatenablog.com

*1:久松由依さんは休業中のため欠席

*2:油断していて撮れなかった