外堀のブログ

虎ガーだったり、アスタライトだったり、ペシストだったり、ベイベーだったりする人の雑記。

〔観覧日記〕「ベイビーレイズJAPAN 渡邊璃生ハピバライブ~生まれて出会ってくれてありがとう~」@新宿Reny

2016/3/5 ベイビーレイズJAPAN 渡邊瑠生ハピパLIVE ~生まれて出会ってくれてありがとう!~@新宿Reny

 

 やっと今年のベビレ初め。

 生誕ライブの客入れBGMは生誕メンバーが選曲するってことで、りおトンの選曲がピストルズとかニルヴァーナとかマッドカプセルマーケッツとかすごい選曲がくるんじゃないかと期待してたんだけど、実際に流れていたのは最近の邦ロックだったので肩透かし。かろうじてKANA-BOONの何かが流れているのはわかった。自分のりおとんに対するイメージって何なんだろう。

 

 オープニングSEの前にりおとんと マイクスタンドと十六茶を持ったリコピンと高見さんが登場。そうきたら流れてくるのは松本伊代の「センチメンタル・ジャーニー」!

やっぱりあの決めフレーズを

 

「♫りおはまだ16だから~」

 

と替え歌で披露。特におっさん虎ガーに大ウケで自分もどちらかといえばおっさん側だったから自分はそんな若くない。運営のこのセンスなら来年の今頃りおとんは森高千里版の「17才」を歌っているに違いない。

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

  SEが流れ愛夏ちゃんポジションでりおとんが登場し、1曲目はりおとん曲の「マジックアワー」でスタート。この日のセトリはリコピンが担当。「りおとんも大人っぽくなってきたからバラード入れた」というセトリに多分いちばんこどもっぽい曲「クリスマスがライバル」をぶっこんでくるあたりが名采配だと思う。この曲みんな大人になったらやってくれそうにないし。

 

 生誕ライブといえば曲のおいしい部分を生誕メンバーが担当するのが恒例でこの日はいつもは愛夏ちゃんが担当のゲート オブ ザ タイガーの歌い出しをりおとんが担当。りおとんは声が細いイメージがあって最初はヒヤヒヤしながらみてたけど、心配をよそに見事に歌い切ったのがこの日のハイライト。

 

 MCではりおとん生誕企画での子供の頃を写真を使ったりおとんクイズ。

 

りおとん「写真の中のわたしの心持ちはなんでしょう?」

 

でんちゃん「花の花びらを切って、花は痛いのかなって花の気持ちを考えてた?」

 

りおとん「そんなこと言うでんちゃんは新宿Renyの隅っこで花の花びらの数でも数えてな!」

 

 他メンバーの回答をそのままツッコミ返すシュールな下りでこの1コーナーを乗り切ったりおとん。個人的にはりおとんのシュールな世界観に困惑するでんちゃんがとてもかわいいと思います。

 

 そんなりおとんだけどアンコールでは

 

 「もっともっとベイビーレイズJAPANの渡邊璃生として輝けるよう精進していけるよう、頑張りますのでよろしくお願いします。

 

「16才の渡邊璃生もどうぞよろしくお願いします!」

 

と挨拶。ワケのわからないシュールな世界感がりおとんの面白いところだと思うんだけど、時折みせる熱さにグッとくるのは年のせいかなぁ。

 

 

 

セットリスト

SE

1.マジックアワー

2.again and again 

3.JUMP

4.ゲート オブ ザ タイガー

MC

5.ハピバでソング

6.スーパーノヴァ

7.ベイビーステップ

8.Pondering

MC

8.クリスマスがライバル

9.ボクラノリアル

10.走れ 走れ

11.ベイビーレイズ

12.ベイビーレボリューション

13.夜明けBrandNew Days

en)

1.ロックオンダーリン

2.SMILE

3.マジックアワー

※Ponderingの時だけ愛夏さん無双でした。(-.-;)