外堀のブログ

虎ガーだったり、アスタライトだったり、ペシストだったり、ベイベーだったりする人の雑記。

〔ライブ感想〕東京女子流 新*定期ライブ EPISODE-52 ~days*~@SHIBUYA PLEASURE PLEASURE

2022/01/29(sat) 東京女子流 新*定期ライブ EPISODE-52 ~days*~@SHIBUYA PLEASURE PLEASURE

f:id:sotoboriumetarou:20220131210309p:plain

 

新曲「days~キミだけがいない街~」のリリース週の定期ライブということで公演のタイトルも「days」、会場入りした時のBGMがお洒落なジャズだったので、新曲沿って落ち着いた選曲なんだろうと思ったら、サラブライトマン、ドリカム、D-51が流れてきたりして相変わらず選曲テーマが読めない。

 

www.youtube.com

サラ・ブライトマン「Time To Say Goodbye(2003Version)」 - YouTube-

DREAMS COME TRUE - 「何度でも」 - YouTube-

 

衣装は「days」のメインビジュアル衣装で1曲目は新曲の「days~キミだけがいない街~」、数日前に山邊さんとひとみさんがゲスト出演したラジ’オでDJ KOOがこの曲をシティポップの文脈で語っていたけど、改めてそう思って聞くと80sのシティポップ感な味わいもある。

MCは新曲「days」にちなんで日々のルーティンについて。山邊さんのルーティンは“インスタグラム”で気に入ったものをスクショしまくっているとのこと、すごくらしい。次はひとみさん、加湿器の配置に始まり、お風呂にお湯を張っての加湿から火災報知器を鳴らしてしまい冷蔵庫に裸で登って止めるという非日常的(ひとみさんには日常的?)なエピソードで開場を盛り上げる、ひとみさん面白い。

続いてのブロックではカップリング「夢の中へ連れてって」。イントロの小鳥にさえづりに合った木漏れ日のようなライティングがドリーミー。初見の時はスイング・アウト・シスター的なポップスな印象だったけど、今日は甘いメロディに儚さ、輪郭がぼけた印象があって心地良かった、白昼夢。

この日は席運がよくて最前列の中央通路寄りでの鑑賞。曲中のメンバーの表情の移り変わりを見ることができて感動、山邊さんの表情が素敵だった。パフォーマンスはほぼノーストレスで見ることができたし、最後には中江さんからいじりを頂けるというオチもついた、、、これはまさにギフト。

youtu.be

youtu.be

セットリスト

1.days~キミだけがいない街~

2.それでいいじゃん

MC

3.ダイヤ

4.predawn

5.夢の中へ連れてって

6.Regret.

MC

7.White Snow

8.純白の約束

9.Hello.Goodbye 春野Remix

10.加速度

11.ずっと、忘れない。

MC

12.days~キミだけがいない街~

13.ゆうやけハナビ